If~I would/could~(仮定法過去形)

Hey guys! How are you doing?
今回は仮定法過去について説明していきます。



前回説明しました仮定法現在形は、起こりうる事を仮定としていますが、仮定法過去の場合は、現在の状態、状況と違う事を言う時に使われます。
例えば、
もし~なら、~できるのに、や、
もし~なら、~なのに、
などの様に、今の(現在)状況とは反対の事や、希望、願望を述べる時に使われます。
初めは難しいかもしれませんが、徐々に慣れていきましょう。


◎仮定法過去形は以下の2つの短いセンテンスで作られます。
1.If+主語+動詞の過去形
2.主語+(could,would,might,should)+動詞の原形

◎仮定法過去形の使い方
If I had money, I could buy a new computer.
(もしお金があれば、新しいパソコンが買えるのに。)

If you weren't sick, I would take you to the concert.
(もし君が病気じゃなかったら、コンサートに連れて行くのに。)


上記2つの例文を別の方法で説明すると、
もしお金があれば、新しいパソコンが買えるのに。=(お金がないので、新しいパソコンが買えない。)
もし君が病気じゃなかったら、コンサートに連れて行くのに。=(君が病気なのでコンサートに連れて行けない。)

以上の様に、現状は( )に書いていることで、この事を仮定として、If~(もし~)ならと言った表現になります。

ポイントをしっかり押さえれば難しくはありませんので、是非身につけてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で!
See you next time!
S'identifierConnectez-vous avec le nom d'utilisateur (ID) de ce site
Connexion rapide:Connexion rapide par identifiant Facebook (option de maintien de la connexion: ON) / Inscrire
[日本語] [English] [简体中文] [繁體中文] [한국] [Español] [Português] [Français] [हिन्दी]

© 2008-2018 Matsuesoft Corporation